mar マル

Top > Note > 冬を彩る耳飾り

Note

冬を彩る耳飾り

2019.2.6last updated: 2019.11.5

  • like
  • tweet

こんにちは。スタッフの山本です。

本格的に寒さが増したこの季節。冬のオシャレは落ち着いた色味のお洋服でまとまってしまいがちですよね。私の場合、そんな冬場の着こなしに少しの華を添えてくれるのが、お気に入りのピアスやイヤリングです。

装いにもう少し彩りを加えたいとき、コーディネートがマンネリ化しているなと感じたとき、はたまたお化粧に手を抜いてしまったとき、耳元にピアスやイヤリングを飾ると、装いが華やかになるように思います。心なしか気分も上がるような… 学生時代から大人になった今に至るまで、少しずつ集めてきた耳飾りを、ご紹介させていただきたいと思います。

少し明るくしたいときによく身につける、草花のモチーフや手編みのピアスです。左上は本物のシロツメクサでできているもの。右上は沖縄で購入したハイビスカスの手編みピアスです。モチーフが草花なので女性らしさはありつつも、花の種類や素材がアクセサリーとしてはあまりないものなので、コーディネートのちょっとしたアクセントになる気がしています。(器:あられリム皿 S white

大人っぽくシックな装いにしたいときは、こちらのピアスを使用しています。上は陶器でできていて、陶器の産地であるスペイン・セビリアのお土産です。ほっこりとした陶器ならではの質感があたたかみを感じさせてくれます。下の花柄のピアスは切り絵を樹脂で固めたもの。繊細でありながらも大胆なデザインで、冬のモノトーンコーデに寄り添って華を与えてくれます。

最後は、キラキラしたイヤリング。60~70年代に作られたヨーロッパのビンテージアクセサリーです。つけるだけでウキウキするこのイヤリングは、カジュアルな服装にも意外と合うのが不思議です。昔の人はどんなときにどんな気分で身に付けていたのか……思いを巡らせるのも、私にとって楽しい時間です。(器:リムプレート M

ピアスやイヤリングは、洋服のコーディネートに迷ったときでも簡単に変化をつけられるので、いくつあっても困らない存在。色々な種類の耳飾りを集めている今、気になっているのは、こちらのfailのピアスです。

なめらかな弧を描いたこのピアスHookは、先端にかけて少し太くなっているので、さりげないながらも印象的な耳元になるのが好きなところです。またハンマーで叩いた跡が、独特の風合いを出していてぬくもりがあり、シルバーの大人っぽさと相まって豊かな表情を見せてくれます。よそ行きの洋服に合わせるとシックなイメージに。またセーターにジーンズといったいつもの格好でも品を感じさせてくれるので、さまざまなシーンで使うことができます。

また、こちらfailのRectangle Hoop Mは、細長い形が珍しく、とてもモダンな印象を与えてくれます。一部分がプレスされているので、線に表情があり、シルバーのクールな雰囲気にぬくもりを加えてくれています。ほんのりと揺れるこのピアスは、女性らしさを感じさせるひとしなです。

もし冬のオシャレがマンネリになってきたら、装いを少し華やかにしてくれるピアスやイヤリングが活躍してくれるかもしれません。

みなさんの毎日が彩られますように。

MAR マル
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-5-1
0467-24-6108
11:00-18:00 定休日なし
臨時でお休みをいただく際はお知らせいたします。
MAR online store : http://mar-store.com

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください。