mar マル

Top > Note > 革の楽しみ

Note

革の楽しみ

2019.3.7last updated: 2019.11.5

  • like
  • tweet

こんにちは。スタッフの新城です。

みなさんは今年に入って始めた趣味や、新調したものなどありますか。たとえ小さなことでも気持ち新たにトライしてみると、なんとなくの日々も楽しいものになりますよね。急に何かを変える必要はないですし、自分が変わるのではなく変わっていく何かを見つめることも楽しいと思います。穏やかにじっくりと変化を楽しみたい人へ、また永く愛せるアイテムをお探しの方へ、今回は「革」を育てる楽しみについて綴りたいと思います。

天然皮革とは、動物の皮に樹液や薬品を用いて腐敗防止などの効果をもたせる”なめし”という加工を行ったもの。手入れをしてあげることで人口皮革よりも長持ちし、艶や色に変化が生まれます。その中でも革そのものの良さを感じられるのは、植物の渋に含まれるタンニンでなめしたフルベジタブルタンニンレザー。革の元となる動物の持っていたシワやキズなどの個性が残っています。MARでも定番のTochigi Leather Long Walletも、革本来の趣と深まる色や艶の経年変化を楽しめる逸品。

栃木レザーとは、脱毛に石灰槽、なめしにタンニン槽と二つの槽を使った世界でも稀な製法を採用し、1ヶ月の長い時間をかけ160もの槽に漬け込み、手間暇をかけて作られる革です。最初こそ肌色をしていますが日光浴させるだけでも色艶が変化。2段階も3段階も色は濃くなり飴色に育ちます。使っている間についてしまった小傷などは磨いてあげたり、使い続けることで目立ちにくくなるので大丈夫。シンプルな留め具で革の表情を存分に味わえるデザインに加え、仕分けに便利なポケットも充実した使い勝手も抜群のひとしなです。色の変化がわかりやすいBeigeと、シックな美しさの際立つBlackの2色をお取り扱いしています。

革のケアは奥が深いようでアイテムも様々ありますが、一揃えセットになっているものもあるので道具にこだわらず、無心で磨く時間を楽しんでいます。ブラシでホコリなどを落とし、クリーナーで汚れをふき取ったあとクリームを塗り込みながら磨きあげ。じっくりと肌のお手入れをするよう感覚は、どこか心身が整うような充実感も味わえます。

こちらは時々ではあるけれど2年くらい愛用している私物のバッグ。最初は硬く開け閉めもしづらかったのですが、ケアをしながら使ううちに体に沿うようになり、物も沢山入るように。色もだいぶ濃くなり艶も出てきました。

革靴も自分の足に馴染んで履きやすくなるのでどんな場所に行くにも履いて行って履きジワがしっかりとついた姿に愛着が増します。天然素材の革は植物のように、生き物のように、何年もかけて変化していくのが面白いところ。まずは小さなものから…など、自分のペースに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。変わっていく素材を長く変わらず傍に置くことで、気づきや発見、楽しみも増えるかもしれません。

MAR マル
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-5-1
0467-24-6108
11:00-18:00 定休日なし
臨時でお休みをいただく際はお知らせいたします。
MAR online store : http://mar-store.com

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください。