mar マル

Top > Note > 隠れ家でいただく優しいランチ

Note

隠れ家でいただく優しいランチ

2019.6.22

  • like
  • tweet

初夏の陽気を思わせる季節になりましたね。また梅雨のこの時期、紫陽花を見にいらっしゃる沢山の方で賑わう鎌倉。自然の草花は今年もあちこちで綺麗な景色を見せてくれています。そんな楽しい鎌倉観光をされている方に、よく尋ねられるのがおすすめのランチスポット。今回MARからも程近い場所にある、由比ガ浜の「茶房 空花(そらはな)」さんをご紹介します。

江ノ電 和田塚駅より徒歩2分、鎌倉駅からも10分とアクセスの良いこちらは昨年6月にオープンしたばかり。近隣の方でもまだ訪れたことのない方も多いのではないでしょうか。

入り口はまるで森の中を進むよう。

様々な植物が目を楽しませてくれる中、少しドキドキしながら石畳を辿っていくと空花さんらしき建物がありました。

その姿はまさに隠れ家。小さな入り口からは想像もしていなかった広いお庭はまるでイングリッシュガーデンのようです。手入れのいきすぎていない、草花や樹木が自然な状態で生茂るいきいきとした様子に、先程までのドキドキ感もほぐれ、わくわくしながらお店ののれんをくぐりました。

お店の中へ入るとそこにもお庭のお花が綺麗に生けられていて、自然を感じることができます。古民家を改装して作られたスペースは鎌倉らしい、ゆったりとした時間の流れを感じさせます。

1階・2階にテーブル席があり、完全予約制でスムーズに席へ案内されました。平日でもお客さんはたくさんいらっしゃいましたが、皆さん笑顔でお食事を楽しんでいる様子。大きな窓から明るい光が降り注ぎ、お庭の緑を覗くことができるため開放的な雰囲気です。また、近くを江ノ電が走っていますが、不思議と電車の音は気にならず平穏な空気が心地よかったです。

数種類のお料理のメニューはいづれも季節の食材を使った体に優しいもの。ミシュラン三つ星の日本料理店で修行を積み、銀座の料理店の料理長を務めるなど一流の腕を持つ女性料理長は、栄養士の資格も持っていることから味ももちろんのこと体も喜ぶ女性に嬉しいお料理を作って下さいます。さらに繊細な美しい盛り付けにも、女性はきっと心くすぐられるのでは。

今回注文した茶房膳は、黒米ご飯にとろろまたはそぼろをかけていだだき、かごに入ったお料理を少しずついただけます。彩り豊かで楽しく、一品一品どれも上品なお味が美味しいお料理で、いつもの食事よりゆっくりと味わいました。

お食事の後はデザート。お店の方が木箱を持ってきてくださり、その中に並ぶデザートの中から2品選ぶことができました。この箱の中に並んでいる姿も素敵で、一つずつ表情の異なるデザートたちはどれにしようか迷ってしまう方も多そうですね。

写真はコーヒー羊羹(左)とガトーショコラ(右)。コーヒーの苦味が効いたコーヒー羊羹にガトーショコラもひんやりとそして甘さ控えめが大人の味わい。他にもピリッとした辛さが美味しい胡椒パイなど、なかなか味わえない創作スイーツもおすすめです。

ランチとして利用する以外にも、お茶とお菓子のみのセットもあり。のんびりと草木を眺めながら一服も優雅な至福のひとときです。これからの季節、山盛りのかき氷も。草花へ降り注ぎきらめく陽の光、葉は風に揺れて木漏れ日もゆらめく情景は賑やかなスポットとはまた少し違った高揚感を私たちに与えます。きっと訪れるごとにお庭の景色も変わり、飽きることはないでしょう。滋味深い花々とお料理が待っています。営業時間を確認すると、日没まで とありました。なんだか鎌倉らしくて良いな。ついつい長居してしまう心地よい場所ですが、ここからまた鎌倉旅を楽しんで。ぜひ由比ガ浜のMARにも、お立ち寄り下さいませ。

茶房 空花

鎌倉市由比ガ浜2丁目7-12-22

0467-55-9522

11:30~日没

ランチタイム 11:30~14:00 L.O(完全予約制)

不定休

MAR マル
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-5-1
0467-24-6108
11:00-18:00 定休日なし
臨時でお休みをいただく際はお知らせいたします。
MAR online store : http://mar-store.com

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください。