mar マル

Top > Item > デイリーでもナイトウェアとしても。着回しが楽しい一着

Item

デイリーでもナイトウェアとしても。着回しが楽しい一着

デイリーでもナイトウェアとしても。着回しが楽しい一着

Fashion
  • like
  • tweet

服を選ぶ時に、大切にしていることはありますか。価格やブランドも選択基準の1つになると思いますが、着心地や肌ざわりがいいと長く愛用したくなりますよね。着ていて「気持ちいいな」と思える服をまとうと、気分もよくなります。

「SCARLETTE ATELIERS」(スカーレット アトリエ)は、フランス人の女性デザイナー、Pauline Vijboetが手がけるブランドです。インドのニューデリーで小さなホテルを営むPauline(ポリーン)は、ゲストがリラックスできるよう服から空間作りまで思いを込めて作っています。

フランス北部で大家族に囲まれて育った彼女は、おじいさんのバラ園や、おばあさんの手料理、お母さんが作るフラワーアレンジメントなど身の回りの様々なことから五感を通して影響を受けたことで自身の好きなことや、興味があることを知るようになります。ビジネススクール卒業後は、フランスのアパレルメーカーの生産管理マネジャーとしてインドのデリーで働き始めることに。しかし、製品や衣服に関する知識を習得するだけでは、仕事は上手く進みませんでした。文化や言葉も違うインド。考え方や、物事の捉え方、優先順位などはフランスと異なるのは当たり前です。予定通りにひとつのことを終わらせるのは簡単ではく、根気が必要でした。苦労することも多かったのでしょう。それでも、彼女は諦めませんでした。相手に敬意を払い、興味や関心を示すことで、少しずつ仕事が動きだしました。信頼関係をしっかり築くことを学んだのです。

また、大きなアパートメントを友人とシェアしながら住んでいました。友達を招待して料理をしたり、映画をみたり…。楽しい日々を過ごす中、仲間たちがくつろげるような心地いい空間を求めるように。家具を探しに行き、家のリノベーションや部屋の模様替えを始めるようになります。雑貨にも興味をもっていて、インドはもちろん、世界中の様々な蚤の市でアンティークを見つけることが大好き。彼女がデザインする服や、リネン類などはそんなところからも多くのインスピレーションを受けています。

デリーに来て以来、国や文化に対する愛を育んできた彼女。“ここには自分を導いてくれる何かがある”と以前から感じていたそうです。アパレルメーカーで4年間働いた後、ニューデリーでゲストのための小さなホテル「Scarlette House」(スカーレットハウス)をオープン。好きなこと、興味があることにまっすぐな彼女は、ホテル業を、新たな冒険として始めることに決めました。

Scarlette Houseには、彼女がこれまで影響を受けてきたものをヒントに、家具や寝具が揃えられています。素朴な風合いが魅力なインドのアンティークと、繊細なデザインが美しいフランス家具をほどよく合わせ、おしゃれで温もりある空間を創り出しています。ここでは良い音楽が流れ、魅力的な香りと、雰囲気のある照明でゲストを迎えてくれます。以前、友人たちとアパートメントで過ごしていた時のような自由で、リラックスできる雰囲気を取り入れたかったといいます。

ロビーやレストランがある形式化したホテルとは違い、Scarlette Houseはより気軽に過ごせる家に泊まるような場所にしたかったそうです。マッサージやヨガのサービス、長期滞在用の部屋もあります。寝具周りはScarlette Ateliersのリネン類を採用。肌ざわりのいいチュニックをナイトウェアとして使用できます。

Scarlette Ateliersのナイトウェアは、やわらかなコットンカディが使われています。カディとは、手紡ぎの糸を手織りしたインドの伝統生地。糸を作るところから手作業になるので、糸むらにより風を通しやすい素材に仕上がります。涼しく、吸収性、速乾性にも優れています。機械で織られた生地とは違い、織りむらや不均衡な風合いは手紡ぎならではの温かさ。着てみると肌にふんわりフィットする心地よさです。布がやわらかく軽いので、肩や背中が張ることもなくとても楽です。

胸元、襟、袖口、裾などに入るステッチは間隔が1mmほどの精密さ。高い縫製技術をもつ職人さんによって作られています。長年親交がある小さな工場で製作され、美しく細かい刺繍は彼の手作業によるもの。白い布にブルーの模様が映えます。

ナイトウェアとしてデザインされていますが、普段着としても使っていただけます。ちょっと長めの丈ですので、パンツやスカートに合わせやすいですよ。ホテルを訪れるゲストがリラックスできるよう、丁寧に作られた一着。
ナチュラルな風合いと気持ちのいい着心地をお楽しみください。

mar マル
神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-5-1
0467-24-6108
11:00-18:00 定休日なし
臨時でお休みをいただく際はお知らせいたします。
mar online store : http://mar-store.com

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください。